看護師

頭蓋内にできる腫瘍

先生

種類と症状

頭蓋内にできる腫瘍を脳腫瘍といい、種類には脳を覆う髄膜・神経細胞を支持する神経膠細胞・内分泌器官の下垂体・神経を包む神経鞘や咽頭から発生する原発性の脳腫瘍と、肺がん・乳がんや大腸がんなどが転移してできる二次性の脳腫瘍があります。原発性脳腫瘍はさらに、増殖が遅く周囲の組織に浸潤しない良性の腫瘍と増殖が速く周囲の組織に広がる悪性の腫瘍に分けられます。脳腫瘍の症状には、ほとんどの腫瘍で共通する脳圧が高まるためにおこる吐き気・嘔吐・頭痛・筋肉の痛みやけいれん・脱力感・意識喪失・感覚の異常・性格や記憶力の変化などがあります。また後頭葉の腫瘍でおこる視力の異常・小脳の腫瘍ででる平衡感覚の喪失や脳幹の腫瘍での嚥下困難など、部位によって異なる症状も加わります。

診断と治療

脳腫瘍を確実に診断する方法は、造影剤も使う核磁気共鳴画像(MRI)スキャンなどの画像検査です。病理診断と細胞の腫瘍マーカーや遺伝子の検査によって脳腫瘍の種類や悪性度を判定するために、手術前や手術中に腫瘍組織を採取する生検もおこなわれます。良性の脳腫瘍は外科手術によって切除されます。手術ができない場所にある良性腫瘍・悪性の腫瘍や手術後に残った腫瘍には、放射線療法と化学療法が実施されます。放射線療法では周囲の組織に浸潤する神経膠腫などに対しては数十回に分ける分画照射が、浸潤が少ない髄膜腫などに対してはガンマナイフとよばれる装置などを用いる1回の照射で済む定位治療がおこなわれます。悪性の神経膠腫に対する化学療法には、テモゾロミドが用いられます。

Copyright© 2015 更年期障害の予防策│クリニックできっちりしっかり治療All Rights Reserved.