看護師

頭蓋内にできる腫瘍

先生

脳腫瘍には髄膜腫・神経膠腫・下垂体腫瘍・神経鞘腫・頭蓋咽頭腫などがあり、脳圧が高くなるための吐き気・嘔吐や頭痛などの症状がでます。脳腫瘍の診断にはMRI画像検査などが、治療には外科手術・放射線療法と化学療法がおこなわれます。

詳しくはこちら

注目されているがん治療法

医者

がんの三大療法の一つ、放射線治療は患者の体への負担が少ないため注目されている治療法ですが、放射線が正常な細胞に照射されてしまえば副作用が発生します。これを極力抑えるのが定位放射線治療で、サイバーナイフはロボットアームを用いてターゲットのわずかな動きも追尾することのできる装置です。

詳しくはこちら

閉経が引き起こす体調不良

女性

老化とエストロゲン

更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンの量が減るためにおこる体調不良のことです。閉経に伴い卵巣が機能低下をおこし、ホルモンのバランスが乱れることによっておこる自律神経失調症が、更年期障害の原因と言われています。若いうちは、多少の無茶をしてもある程度身体が許容してくれます。ダイエットをくり返したり、乱れた生活習慣を送り続けていると、年齢を重ねるごとにホルモンバランスが崩れ、更年期障害の要因になるのです。エストロゲンが急激に減ると、骨粗しょう症や認知症、様々な生活習慣病のリスクが高くなります。これまで丈夫だった人でも、思いもよらない深刻な病気にかかりやすくなるので、食習慣などの改善をはかり、更年期障害の予防を心がけるようにしましょう。

大半はホットフラッシュ

更年期障害にかかると、一番に感じる症状は、顔のほてりやのぼせでしょう。これは、ホットフラッシュと呼ばれ、更年期障害の人は大半がこの症状を訴えます。今まで掻いたことのないような汗が噴き出たり、むくみが出たりします。疲れやすくなったり、肩や手足に痛みがきたり、動悸息切れがしたりします。精神面では、イライラ、くよくよ、不眠や不安感などが強くなります。しかし、個人差もかなりあるので、全ての人が更年期障害の症状を感じるわけではありません。更年期障害の治療法は、エストロゲン製剤の補充などです。抑うつ状態など精神的な症状が強い場合には、抗うつ薬などの併用も必要です。それらは全て、専門医か婦人科医の診断のもとで行わなければなりません。

現代医療の発展

医者

間違った治療方法をを変える第一歩が免疫沈降法検査であると今認識が変わりつつある現代医療の世界ですが、この検査方法で飛躍的に発展できる現代医療の未来は明るいと言えます。免疫を知り尽くすことが病気根絶へのシナリオになってきているのです。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 更年期障害の予防策│クリニックできっちりしっかり治療All Rights Reserved.